湘南ベルマーレがJ2優勝!クラブ史上2で度目 | みんなのサッカー情報掲示板

湘南ベルマーレ掲示板

湘南ベルマーレがJ2優勝!クラブ史上2で度目

Jさん

明治安田生命J2リーグ第39節、湘南ベルマーレのホームShonan BMWスタジアム平塚で、湘南ベルマーレ対ファジアーノ岡山の一戦が行われた。試合は1-1で引き分けに終わり、この結果、湘南ベルマーレのクラブ史上2度目となるJ2優勝が決定した。

湘南は、前日に行われたアビスパ福岡の試合結果により、J1自動昇格となる2位以内が確定し1年でのJ1復帰が決まっていた。

2014年に続く2度目のJ2優勝だが、ホームで優勝を決めたのはこれが初。チョウ・キジェ監督はセレモニーでシャーレを掲げると、ビールかけでは選手から集中的に美酒を浴びせられ、表情を緩めていた。

■曺貴裁(チョウ・キジェ)監督コメント<公式HPより>
お疲れ様でした。
先週から自然の影響で雨が止まない、そんな時間が非常に長く続いていて、我々の練習グラウンドもまだいつ練習を再開できるかわからない状態というなかで昨日、昇格だけが決まって、ほっとする間もなく今日試合があって、勝点1を取って優勝できました。
今日の試合の他にもこれまで30数試合ありました。今日、優勝を決めた試合もスカッと3-0、4-0で勝つような試合にはなりませんでしたし、今シーズンはいい意味でそういう試合は続けてきませんでした。我々にはホームで優勝という大きな目標があったなか、そのために勝点3を目指すとも言ってないし、勝点1でいいとも言っていません。ただ今年の選手はピッチの中で自分たちがやっていくべきこと、強くなるために越えなければいけないハードル、見てくれじゃなくて見えないところに実は美学があるということも含めて、すごく大人になったと思います。今日もあの時間帯に(大竹)洋平にやられたのは本当に因果かなと思いますし、追いつかれたから勝点2を落としたという試合とも言えますけども、今日に関して言うと勝点1が非常に大事だったと考えれば、成長したなというふうに思っています。
今年監督を引き受けるにあたって、昨日の囲み取材の繰り返しになりますけれども、「正直どうしようかな、どういうふうに作っていこうかな」と思っていました。湘南のみなさんが期待する、求めてるものをまたゼロから、今までと同じようなつくりで戦術的にもメンタル的にもアプローチしても多分うまくいかないなと。かといって「じゃあ今年はポゼッションをやろう」と、ちょっと聞こえのいい言葉で彼らを促しても多分動かないなとも思いましたし、そこは本当に難しかったです。そして今もそれは難しいなと思っています。だから、その難しいなと思っていたことが今年1年顕著に出たなと素直に思っています。ただ、このクラブを何とかしたいという気持ちは、僕はおそらく人よりは強いと思っていて、何とかするというのは目の前の結果もそうですけれど、成長できそうな選手をどんどん世の中に送り込む、そういったサイクルを続けないとこういうチームが一つの文化や色を出して、Jリーグの中で異彩を放てないとずっと思っていました。ただ今年J2に降格して、去年の試合内容や、僕の言う言葉が、自分で言ってて何か嘘くさいなと思うこともたくさんあって。その嘘くさいというのは、当たり前だけど勝点3を目指すスポーツであるのに、何か勝点3以外の条件だったり、勝点3以外のものを無理やり引き出しから引っぱり出して、「赤の服よりこの服のほうがいいんじゃない、いやいやそれは赤の方がいいってみんな言ってるから」というような気分になることがすごくありました。だからもう未来とか、10年後とか5年後とか、僕には考えてできないと。もう僕がそれ考えてやろうとしても結局は、10年後に至らないまでに何かアクシデントで、例えば明日お腹が切られて足と頭だけを残されたらどうなってしまうんだろう、というような。だから、スペインのキャンプからここに帰ってきて、プレマッチから、前期のスタートから10試合ぐらいまでは、船を漕いでいても「どっちに行くんだろう」「このまま沈んでしまう可能性もあるけどまだ浮き上がれるな」「じゃあどうやったら浮いていけるんだろう」という感じでした。浮いても顔を海の水面から出せない、でもそのなかでも本当に半歩とか1mmだけ顔が上がって次に向かって行く、何となく「あのへんに光があるな」と思って歩んでいける、本当にそういう1年だったと思います。今も顔が完全に水面から上がったとは個人的には全然思っていないです。ただ、自分が無力だなとか、自分にはこんなことできないなと、ある意味開き直ることはとても力がいることだなと自分で気付きましたし、そういうふうにしないと人間の言葉というのは本当に本物にはなっていかないです。僕は話すのが好きなので、いろんな例を出して皆さんに説得力を持って話そうとする性格なんですけど、そのこと自体何かきれいごとすぎて何も無いなと自戒する部分もすごくありました。FC今治のオーナーの岡田(武史)さんにもよく「お前は本当に正直すぎるよ、だめだ」とよく怒られるんですけど、本当そのとおりだなと思っています。ただ正直は必ずしも悪いことばかりでないとも思いますし、でも正直に乗っかってもいけないなとも思います。正直だから許される、正直だからOKという世界じゃないなというふうに思いながら今まで指揮を執ってきました。だから皆さんが「手応えどうですか」とか「今シーズンを振り返って」と言われたら、今の言葉が全部です。すごく良いシーズンだなとも思っていないし、全然だめだったなとも思ってないですし、その真ん中だったなとも思っていないです。言えるのは、明日とか、明後日とか、1週間後をどうするかということを積み上げていけば、取られたお腹も自然と足と頭とくっついているような状態になるというか。感覚的には過去5シーズン監督を務めていろんなことありましたけれど、一番そういう感覚を持てたと思います。難しいシーズンだったけど、少しは自分も、選手と一緒に、勝ちながら成長していくというスタンスのなかに、少しだけでも入れたかなというふうには思っています。
コーチ時代も含めて4回目の昇格ですけど、ホームで優勝を味わえたのは2017年の今年が始めてですし、湘南ベルマーレに所属するスタッフ、選手、それから会社の人、アカデミーの子たち、それからベルマーレを取り巻くすべての人たちに、この場をお借りして本当におめでとうございますと言いたいです。今日、あの場にユースの選手がたくさんいて、我々のビールかけを覗いていて「ああなりたいな」と思う気持ちを子どもたちに、我々のチームに所属する子たちに体験してもらうことは、僕のなかではすごく大事なことだと思っています。これから我々の選手以上にたくさんのOBがいますけども、もっともっとクラブとして本当の意味で強くなっていかなきゃいけないんだろうと思っていますし、でもそれに対してできることは、所詮僕なんて非力だなって思っています。メディアの皆さんもこれから湘南を温かく見守っていくというよりは、強くなって欲しいということで記事を書いたり、強くなって欲しいということでいろんな接し方をしてもらったり、そういうことが今後の湘南には必要なんじゃないかなと、この場に来て思いました。

ID:27ef5d00 #0 3

違反報告する

コメント

表示順 :

名無し さん

J1定着お願いします。
ID: f4dafd99 #3

違反報告する

大仁田 さん

素晴らしい監督
本当に残ってもらってよかった
それだけに他のクラブにひきぬかれるのがこわい
ID: 7b41a34f #2

違反報告する

湘南スタイル さん

いい選手引き抜かれまくっても1年でJ1復帰はたいしたもの。
チョウ・キジェ監督は名監督でしょ。
来シーズンJ1で大暴れして欲しい。
あとは、主力獲られないように気を付けてください。
ID: 27549a10 #1

違反報告する

コメントを投稿する

あと4000文字

新着のスレッド

カテゴリー

都道府県別サッカー掲示板

J1掲示板

J2掲示板

J3掲示板

日本代表掲示板

海外サッカー掲示板

SPECIAL スレッド

その他掲示板